本部役員挨拶


会長

 石井良昌(歯科医師)
海老名総合病院 歯科口腔外科部長

 

当研究会は、前会長の若林秀隆先生(医師)と前副会長の小山珠美先生(看護師)が中心となり20083月に設立しました。20142月から私が2代目会長として会務を担当しています。
 
 摂食嚥下障害によって、誤嚥性肺炎や窒息、脱水、低栄養状態なども引き起こし、生活する上で大切な「口から食べる楽しみ」が失われるとQOL(生活の質)も低下することになります。

 

そこで「神奈川摂食嚥下リハ研究会のあるべき姿」として、 地区別の活動や地域連携が充実すること、摂食嚥下リハに取り組む医療・介護の人同士が顔の見える交流が深めること、摂食嚥下リハの質を向上させること、より多くの摂食嚥下障害患者に食べるチャンスを作れること、を考え活動をしてきました。

 

最近では要介護状態にさせないことすなわち健康寿命延伸・元気に生きるために口から食べることはもちろんのこと、適切な栄養を、適切な状態で摂ること、そして口から食べる機能を低下させないことも大切なこととわかってきました。

 

 当研究会では、神奈川県を8地区(横浜北、横浜南、川崎、横須賀、湘南、県央、相模原、小田原)に分け、その地区に様々な職種を世話人として配置し、地域での研修会の開催や医療介護連携を行ってきました。県全体としての活動として研究会世話人が関連する嚥下相談窓口をホームページに公開し、嚥下・NST連絡票を作成し運用するなど、嚥下障害の患者さんやご家族の方が安心してシームレスに(継ぎ目なく)嚥下リハや治療などを受けられる仕組みづくりを展開してきました。しかし、県全体へ横の広がりがみられていないなど課題も多くありました。

 

「神奈川のみんなで行う食支援」という価値観(バリュー)を旗印として各地区での活動を横に広げる活動も展開すること、すなわち市民への積極的な関わりとして①市民公開講座②相談窓口の開催を行うこと、そして③各地区にある嚥下食レストランとの連携を強めていきたいと考えています。

 

これからも世話人それぞれが自律的に活動し、「できるだけ口から食べること」を支援できる研究会となるように活動していきたいと思います。

 

宜しくお願いします。       

令和元年51


副会長

下剛(言語聴覚士)

森田病院

認定言語聴覚士(摂食・嚥下領域)

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

 

○一般の方へ

 

当研究会では、飲み込みに関する相談ができる施設を掲載した、嚥下相談窓口の一覧表を作成し、地域に向けて発信・配布をしております。病院に行くべきか分からない、飲み込みに不安がある方はお気軽に地域の相談窓口ご相談ください。

 

  

 

○介護・医療・福祉関係者の方へ

 

当研究会は医療・介護職を対象とした年2回の研究会や世話人同士の勉強会を開催する一方、県内を8地区に分け、各地区の世話人が地域の特性に沿って独自に活動しています。前者は参加者である医療・介護職“個人”の情報取得、スキルアップが主な目的となりますが、後者は“地域”における課題の共有、地域資源の開発や活用という要素が活動の観点に加わります。地域資源には地元の医療介護関係者、関連団体や行政機関だけでなく、一般の飲食店や配食サービスも含まれます。また、一般市民による摂食嚥下障害への意識向上も地域の自助・互助という観点からも地域資源を語る上で重要でしょう。当研究会は、このような地域資源との関わりも意識して活動することが、特徴の一つです。

 

一個人、一組織だけで解決できない摂食嚥下障害の課題、悩みについて、会員ではなく世話人として、受動的ではなく能動的に、自身と地域の支援向上を共に考える会でありたいと思います。地域の皆様、世話人の皆様、よろしくお願い申し上げます。

 


副会長

黒瀬聡子(看護師)

 昭和大学横浜市北部病院

 摂食嚥下障害看護認定看護師

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

 

 口から食べることは、その人がその人らしく生きていくために、とても大切な要素の一つだと思います。もし自分の知識や技術の不足により、患者さんの口から食べる機会を失わせてしまったら、、、、、、。そのような思いで私は摂食嚥下障害看護認定看護師の資格を取得致しました。そして、いつまでも患者さんが自分の意志で食べられるようにという願いのもと、多職種と協働して摂食嚥下障害の患者さんのケアに取り組んでいます。

 

 一方で、勤務している急性期病院では入院期間も限られているため、他施設との連携は不可欠です。当会は、口から食べることを大切にしている多職種の方々が集まり他施設との繋がりのある、とても有意義な場所であります。そして、自施設や職種を超えて、口から食べることを大切にできる環境づくりを目指しています。また、SSS(世話人の世話人による世話人のための勉強会)を企画、開催し、より専門性を高めるための取り組みをしております。

 

まだまだ未熟ではありますものの、本部役員として、各地区の連携や神奈川県全体の活性化を図るために精一杯、努めて参ります。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。